イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

以前の記事↓
http://blogs.yahoo.co.jp/yukihi69/30389512.html

最強おばちゃま軍団で、店内は常に活気があります。
「女性は強し!」が実感できるお店です。

盛りが良く、値段もそこそこで、味が自分の好みにあってるようなので、
他のメニューもどんどん攻めてみたかったのですが、
今回が2回目となりました。

「ここの中華丼がパワフルである。」
・・・と聞いてたので、中華丼で行こう!と店の戸を開けるまでは思っていたのですが、
先客が炒飯を食べていて、激美味そうなので、炒飯に軌道修正。

そういう決断だけは・・・やたら早いのだ。

「(大盛り)盛るべきか?盛らざるべきか?・・・それが問題だ」

・・・シェイクスピア気取りで悩んでいると、「何しますか!」厨房の
お母さんから気合いを入れられ、思わず条件反射的に「大盛り」で頼まざる得なかったです。

「750円+大盛り100円」は、納得できる価格と思います。

さすがに、柏崎の萬来食堂の大盛り炒飯には及びませんが同じ「アダムスキー型」です。
つまり、中華のお玉ひとつでは丸くできないくらい、量が多い分が、円盤の下に広がるという形です。

肝心の味の方も間違いなく、自分の好みの味でした。

こんなに近くに自分の好みにピッタリな量と味の炒飯があったなんて・・・。
まさに「灯台 モト冬樹」とは、このことなのでした。

ちょっと感激でした、ごちそうさまでした。(^oo^)b